“デザイナーとして、私たちはステージにいるのではありません”

自分は心や本能的な直観に動かされると自身について語るクリスチャン・ヴェルナーにとって合理性と感覚的な質を組み合わせることが重要です。彼は手掛けるファニチャーの全てにおいて、自身の感情を形で表すことで、それを素材に映し出そうとしています。
Render time page: 725 ms - inspiration-item :: 8a8a818d68ff7d5401692b1d82036799

Node: duravit-red1-wga201 / DM: false / PDB: 2024-01-08-0829

    
	    cache-standard: www.duravit.co.jp_8a8a818d68ff7d5401692b1d82036799_2024-01-08-0829_jp-ja :: false