Philippe Starck – l’enfant terrible du design

1994年にデザイナー フィリップ・スタルクとDuravitが一番初めの合同プロジェクトを始めたころ、Duravitとフィリップ・スタルクは、お互いに惹かれ合う存在でした。しかしその当時は、この協業が後にどのように成功を収めるかは両者とも予期していませんでした。その後、洗面ボウルとファニチャーがセットになった「スタルク・バレル」は大きな注目を集め、今ではDuravitのベストセラーのひとつになりました。フィリップ・スタルクは次のように述べています。「私は、“バスルーム= 濡れたリビングルーム にならなくてはならない” と伝えてきましたが、当時誰も私を理解してくれませんでした。しかし、Duravitだけは理解してくれたのです。そして、この事実こそ私がDuravitを愛する理由です」
Render time page: 1327 ms - inspiration-item :: 8a8a818d68ff7d5401692b209bc96c2a

Node: duravit-red1-wga201 / DM: false / PDB: 2024-01-08-0829

    
	    cache-standard: www.duravit.co.jp_8a8a818d68ff7d5401692b209bc96c2a_2024-01-08-0829_jp-ja :: false