住み継ぐ家

東京都内の閑静な住宅街に建つこの邸宅は、日本のリノベーション業界をリードするブルースタジオの大島芳彦氏の自邸です。お祖父様が取得した土地に、お父様の代で建てられた現在の建物は、日本のモダニズム建築を代表する建築家、吉村順三氏の思想を継承する、増田奏氏の設計により30年前に建築されました。都会にありながら四季の豊かな自然が巧みに取り込まれた邸宅は、ご自身も建築家である大島氏に受け継がれ、新たな形へと再編集されました。


リノベーションに際し、建物全体を床から壁、天井まで一旦全てスケルトンに。六面断熱が施され、もともと大きくとられていた窓は全てペアガラスの樹脂サッシに交換、断熱性能はHEAT20 G1クラスに向上させています。環境性能が重視された建物の換気には、熱損失を最小限に抑えエネルギー効率も考慮した第一種換気を採用し、現代の技術によって、快適性と機能性も格段にアップグレードしています。
Render time page: 351 ms - inspiration-item :: 8a8a818d7bdda1b3017be836be7708c8

Node: duravit-red1-wga201 / DM: false / PDB: 2024-01-08-0829

    
	    cache-standard: www.duravit.co.jp_8a8a818d7bdda1b3017be836be7708c8_2024-01-08-0829_jp-ja :: false